緊急避妊薬使用のタイミング

女性の中には妊娠をしたくないという人がいます。
このような人たちのために薬の開発が行われています。
避妊のための道具といえばコンドームが主流になっていますが、最近ではこのように薬を使用している人もたくさんいるのです。
この薬はピルとして広く知られていますが、緊急避妊薬はモーニングピルといわれています。
人が性交渉をするということは妊娠だけが目的と言うことではありません。
それはコミュニケーションとして行われることもあります。
したがってこのように妊娠を望まないという場合には、避妊をしなければいけません。
しかしコンドームでは破れたりといったようなトラブルが原因でしっかりと避妊ができないと言うこともあります。
このように何らかの原因によって避妊に失敗してしまったときに使われるのが緊急避妊薬なのです。
ではこの緊急避妊薬使用のタイミングはどのようになっているのかというと、服用に関しては医師の判断に従うようにします。
そして原則的には避妊できなかった性交渉の72時間以内に緊急避妊薬を1回飲んで、その後12時間後にもう一度服用するようにします。
経口避妊薬も同じように服用しますが、緊急避妊薬の方がその効果が高くなっています。
アフターピルにアイピルというものがありますが、このアイピル 使用期限はに関しては保存状態に問題がない限り気にすることはありません。
また低容量ピルにトリキュラーという物がありますが、これを安く購入する場合には産婦人科ではなく、トリキュラー 個人輸入を利用する方が安く購入できます。
この時には安心して利用できるところを選ぶようにします。
同じ成分でも、個人輸入代行の方が安く手に入れることができます。