緊急避妊薬と超低用量ピルの服用方法、効果の違いは?

緊急避妊薬とは通常、性行為が行われた後に服用していきます。それに対して超低用量ピルは生理が開始したその日に飲みはじめ、毎日継続して飲み続けることでその効果を発揮していきます。短期集中的に使用するものなのか、それとも長期的に服用していくものなのか、まずその服用方法において違いが出てくるのです。
緊急避妊薬は含まれる女性ホルモンが多量に含まれているのでどうしてもその副作用の症状が強く表れてしまいます。そのため、体への負担が少なくはなく、頻繁な使用は避けるべきでしょう。ただ、性行為の際にコンドームが破れたり、その他の理由で避妊が失敗した場合には、望まぬ妊娠を避けるために必要な対策ではあります。うまく、超低用量ピルなどの長期的な使用がメインとなるピルを活用して負担を分散していくことをおすすめします。
超低用量ピルであれば、含まれる女性ホルモンの分量が最小限に抑えられているため、その副作用の症状も幾分抑えていくことができます。もちろん、量が少なかったとしてもホルモン成分が含まれることに変わりはなく、副作用はあるでしょう。ですが、それでもより体への負担が少ないという点を考えるとよりベストな方法だといえます。
緊急避妊薬と超低用量ピル、その服用方法や期間に関しては大きく異なってきますが、その避妊効果に関してはどちらもある程度期待することができます。緊急避妊薬であればその服用が早ければ早いほど避妊効果は高まっていきますし、超低用量ピルはより正しい方法で服用を続けていればその効果を高めていくことができるのです。
緊急避妊薬も超低用量ピルもどちらも婦人科や産婦人科などの医療機関を受診することで処方してもらうことが出来ます。ただ、超低用量ピルに関しては、避妊目的での使用が認められていないので、服用するとなると治療目的が主になるので注意しておきましょう。