緊急避妊薬は中用量ピルなので副作用が強い?

一般的にピルといえば、毎日飲むことで避妊効果が得られる低用量ピルが主流ですが、中には緊急避妊薬として中用量のアフターピルというものも存在します。

中用量ピルは、低用量ピルと違ってセックスで避妊に失敗した時に、72時間以内に飲むことで妊娠を回避できる緊急避妊薬であり、低用量よりも高濃度であることから強い副作用が出ることがあります。

副作用として、体内に大量に女性ホルモンが入ってくることにより、吐き気が強く出ることがあり、特に1錠目よりも続けて2錠目を飲んだ時に強い吐き気をもよおす人が多く、服用直後に緊急避妊薬を吐いてしまった場合は、避妊効果がなくなってしまうことがあるため、すぐにまた服用する必要があります。

低用量ピルの場合は、人によっては吐き気が生じることもありますが、低用量なので薬が体質に合わないという以外はそれほど大きな副作用があるわけではありませんが、中用量ピルの場合はとにかく、緊急に妊娠しないようにするためにそこまで強い副作用があると考えられます。

そのため、婦人科で中用量ピルを処方される時に、一緒に吐き気止めなども処方される場合があり、もしもらえない場合は一緒に頼むか、あるいは市販の酔い止め薬などでも効果があるようです。

また、中用量ピルは飽くまで緊急事態を回避するための薬であるため、何度も使用すると体のホルモン量が増えてバランスを崩すため、女性の体に非常に負担がかかるとされています。

避妊しなかった、失敗したからと気軽に処方してもらうのではなく、セックスする際にはきちんと避妊をして、それでも失敗してしまった時に初めて服用するようにしましょう。

中容量のピルを緊急避妊薬として服用したのに、3週間以上経っても出血が見られない場合には妊娠した可能性が高いので、婦人科で相談するようにしましょう。