緊急避妊薬の副作用でむくみが出てしまった場合の対策法

緊急避妊薬は避妊に失敗した場合でもセックス後にすぐに服用することで妊娠確率を下げることが出来る、いわば事後的な救済手段としての位置づけの薬です。この緊急避妊薬の存在によって、若い未婚のカップル達はより妊娠を恐れることなく楽しくセックスが出来るようになりました。しかし緊急避妊薬を服用することで、様々な副作用も出てきてしまうものです。主な副作用は頭痛や吐き気や嘔吐や胸の張りですが、女性によっては身体のむくみの副作用が出てしまうこともあるものです。もしも緊急避妊薬を服用したことによってむくみの副作用が出てきてしまった場合、どのような対策をすれば良いのでしょうか。
まずむくみの副作用が現れてしまう場合、その緊急避妊薬がその女性の身体にあっていないという可能性も考えられます。なので第一の対策としては、とにかくその避妊薬を処方してくれた病院の医師の所にいって現状について相談し指示を仰ぐことになります。医師の判断で避妊薬の種類を変えようということになればそれに従うべきです。そして避妊薬の種類をチェンジすることで、むくみの副作用が現れないようになることもあるのです。
更に女性によってはどのような種類の緊急避妊薬を服用したとしても、むくみの副作用が出てしまうという場合もあるものです。その場合の対策としては、とにかくゆっくりと半身浴をすることで、むくみをとっていくことが挙げられます。ポイントはただ半身浴をするのではなくて、ぬるま湯に入って半身浴をすることです。そうすることによって少しづつ辛いむくみの症状を取り除くことが出来るのです。そして次第に緊急避妊薬の服用に慣れていけば、むくみの副作用が出ることもなくなっていくのです。